身近なニュースやトレンドをいろんな角度から眺めるサイトです

気になるニュースのIDOBATA会議録

下痢 健康 風邪・感染性胃腸炎にいい食事

下痢・嘔吐時の食事はこれ! 胃腸にいい食事メニューをまとめてみました

投稿日:2015年1月7日 更新日:

下痢・嘔吐が起きている時、胃腸はかなり弱っています。

そんな胃腸を優しく労わり、栄養を補給するのに効果的な食事メニューをまとめてみました!

ノロウイルスをはじめとする感染性胃腸炎のほか、食あたり、慢性胃炎、胃弱などにも効果的です。

 

病中の食事

今まさに病気になっている真っ最中、というときは、水分とミネラルを補給するのに専念するのが一番!

下痢・嘔吐がひどい間は、無理に固形物を摂っても胃腸に負担がかかるだけ。

症状が落ち着くまでは、経口補水液やポカリスエットなどのイオン飲料を、少量ずつ飲むのがおすすめです。

スポンサーリンク

トレンド本文記事下横並【レクタングル大】

 

 

病後(回復期)の食事

下痢・嘔吐が治まったら、様子を見ながら少しずつ食べていきます。

病後は体温が低くなっていることが多いので、

  • 温かいもの
  • 喉を通りやすいもの

で体温を上げ、栄養を補います。

 

まずはおかゆ

この時期におすすめなのは、何と言っても「おかゆ」

はじめは、米1:水10の割合で作る、重湯(おもゆ)からはじめると、胃腸に負担がかかりません。

重湯で大丈夫そうなら、少しずつ米の割合を増やしていくといいでしょう。

 

つぶしたかぼちゃを混ぜ、「かぼちゃがゆ」にするのもおすすめです。

ビタミンC、ビタミンE、βカロテンなどが摂れますし、体も温まります。

 

また、作る時間がない時のために、レトルトのおかゆを常備しておくと、いざという時に安心ですね。

 

茶碗蒸し

茶碗蒸しも、回復期におすすめしたいメニューの一つ。

具はない方が消化にいいのですが、鶏肉からはとてもよいだしが出ます。

なので、鶏肉を入れて作って、病人が食べる時は取り除いてもいいかも。

illust1421

うどん

少し食欲が戻ってきたら、やわらかく煮たうどんを。
にゅうめんなどでもいいでしょう。

もし卵を入れるなら、適切に飼育された新鮮な卵を選ぶこと。

かつ、免疫力が下がっている病後は、念のため生食を避けること。

ただ、固ゆで状態の卵も消化には良くないので、胃腸が弱っているときには茶碗蒸しなど、食べやすい状態のものにするのがおすすめです。

2018年9月追記

卵の調理法について、半熟卵でも、サルモネラ菌が存在する場合があることから、半熟がおすすめとの記載を改めました。

雪鍋

雪鍋(ゆきなべ)とは、大根おろしをたっぷり入れた鍋のこと。

みぞれ鍋とも言います。

消化がよく、体も温まります。

雪鍋におすすめの具

  • 豆腐(きぬごしか充填豆腐が食べやすい)
  • 白菜、にんじん、長芋、キャベツ、かぶなど、消化にいい野菜

【食べられそうなら】

  • 白身魚・鮭
  • 脂身の少ない肉 (赤身のひき肉・鶏ささみ・豚ひれ肉薄切りなど)

これらをだしで煮込み、最後に大根おろしを加えます。
ささみは、細く裂くと食べやすいですので、おススメです。

だしは、市販の白だしを使うと手軽です^ ^

いろんな食材を入れると、滋養に富んだ鍋になります。

(個人的には、豚の赤身ひき肉と、細く刻んだ白菜をとろとろになるまで煮込んだ雪鍋が好きです)

ポイント

大根には消化酵素ジアスターゼが含まれています。

これには、胃腸を整え、消化を助ける働きがあるのですが、病後には刺激が強すぎて、胃が痛くなることも。

特に、普段からお腹を壊しがちの人は、生の大根を摂ることで、余計に下痢がひどくなる場合があります。

また、大根は「涼性」の野菜で、体を冷やす作用があります。

ですので、回復期の病人に出す場合には、「しっかり加熱する」のがポイントです。

りんごなどの果物

りんごやバナナ、いちごなどは食欲がないときでも食べやすく、お腹にも優しいです。

ただ、胃腸が極度に弱っているときは、含まれている消化酵素が刺激になる可能性も。

病後すぐは桃の缶詰など、加熱済みのフルーツで、様子を見るのがおすすめです。

逆に避けたい果物は、

  • みかん・レモンなどの酸味がある柑橘類
  • パイナップル・柿・梨・キウイなど、たんぱく質分解酵素を持つ果物

など。

いずれも、胃腸には刺激になります。

全快するまで、食べるのはしばらく我慢です^ ^;

 

コーンスープ・ポタージュスープ・ポトフ

病後すぐは、バターと小麦粉でルーを作らず、クリームタイプのコーン缶に牛乳を加えてのばし、塩で味付けをした、シンプル・あっさりのコーンスープがおすすめ。

 

ジャガイモのポタージュスープもおいしいですが、下痢がおさまらないうちは控えめに。

芋・豆類は腸内で発酵し、出たガスが腸管を刺激するので、下痢がひどくなる場合があります。

 

ポトフも、はじめのうちは芋・肉類を除いて、キャベツやにんじんから試してみましょう。

 

これらのスープ類は、病後に特におすすめです。

旨味の溶け出たスープは喉を通りやすく、弱った胃腸をやさしく癒してくれます。

 

illust1423

 

おでん

薄味で、やわらかく煮込まれているおでんは、病後の食事に適しています。

食べるなら、大根、豆腐などがおすすめ。

 

こんにゃく、厚揚げ、練り物、肉類は、消化がよくないので、お腹の調子がよくなってからにしましょう。

 

ヨーグルト

ヨーグルトは、ノロウイルスなどで下痢・嘔吐を起こした時に、パッと思い浮かぶメニューの一つです。

体調を崩したり、抗生物質を飲んだりすると、腸内細菌のバランスが崩れます。

 

そんな時には、乳酸菌を摂取することで、腸内細菌叢(腸内フローラ)の回復をうながすのが効果的。

ただし、冷たいものは体を冷やすので、一度に大量に食べるのは禁物です。

おすすめレシピ・ヨーグルトゼリー

1. 水大さじ2でゼラチン5gをふやかす

2.1.へ牛乳100ccと砂糖大さじ2を加えて、レンジでゼラチンが溶けるまで加熱する

3.ヨーグルト200~300gを混ぜ、冷蔵庫で冷やす・ヨーグルト200gだと固めに、300gだとやわらかめにできあがります。・甘さは控えめにしています。(甘みで胃酸が出やすくなるため)

ゼラチンにはトリプトファン以外のほとんどのアミノ酸が含まれています。

そこへ、乳製品のトリプトファンを組み合わせることで、栄養価がいっそう高まります。

何よりつるんとしていて食べやすいので、お子様にもおすすめのメニューです。

 

回復期の食事については、こちらの記事もどうぞ。
>>>おかゆが苦手な人が病気になったら食べるのはコレ!
>>>ノロウイルスにかかったら食事はいつから普通に? NGな飲食物って?

 

最後に

下痢・嘔吐の回復期には、胃腸を労わる「食養生」が大事です。

「いつから普通に食べていいのか?」というと、

  • 下痢・嘔吐がなくなっている
  • お腹がゴロゴロしなくなっている
  • 差し込むような胃腸の痛みが和らいでいる
  • 食欲が戻っている

のが目安。

いずれにしても、回復期には「温かいもの」「やわらかいもの」を「少しずつ」試してみるのがおすすめです。

トレンド本文記事下横並【レクタングル大】

おすすめの記事・スポンサーリンク



-下痢, 健康, 風邪・感染性胃腸炎にいい食事

Copyright© 気になるニュースのIDOBATA会議録 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.