身近なニュースやトレンドをいろんな角度から眺めるサイトです

気になるニュースのIDOBATA会議録

ホットクック

ホットクックの低温調理とアイラップのコンビがすごく便利!

スポンサーリンク

ホットクックを使い始めて「低温調理」に、はまりました。

はじめてホットクックで作った鳥ハムを食べた時は、感動してしまいました!

しっとりしていて、ジューシーな仕上がり。
鍋で作るより、はるかにおいしい!

(それから1週間に4回も作って、家族にあきれられました)

 

ホットクックの低温調理にとても便利だと思ったのがアイラップ

特に下味冷凍 →  解凍 →  低温調理をする時に重宝します。

 

下ごしらえは、アイラップの中に肉と調味料を入れ、揉み込むだけ。

  • 丈夫でやぶれにくい
  • そのまま冷凍できる
  • 熱に強いのでレンジ解凍もできる

といいことづくしで、料理の時短に役立つツールとして、もはや欠かせません。

スポンサーリンク

トレンド本文記事下横並【レクタングル大】

ホットクックの低温調理でよく作るレシピ

私がよく作るのは、鶏むね肉を使ったこのレシピ↓

ニチレイのHP「ほほえみごはん」に掲載されている鶏むね肉の照焼。

レシピではフライパンで焼くとなっていますが、これを低温調理してしまいます。

アイラップに鶏むね肉と調味料を入れて冷凍 → 解凍して、アイラップに入れたまま、ホットクックの内窯に入れます。あとは作り方の通りです。

【作り方】

step
1
ホットクックに鶏むね肉1枚(約300g)につき、300mlの水を入れます。

step
2
KN-HW16E・KN-HW24Eの機種は、「No.230 チキンハーブハム」メニューを選択。

step
3
その他の機種は、手動で作る → 発酵・低温調理する → 70℃ → 30分 → スタート

step
4
ふたを開け、上下を返し、延長で30分加熱します。

 

鶏むね肉にありがちなパサつきはまったくなく、味が染みていてとてもおいしい!

鶏むね肉は冷凍すると肉の繊維が壊れてやわらかに仕上がるので、冷凍 → 解凍する方がおすすめなのだそうです。

長期間保存もきくし、いいことだらけです。

スポンサーリンク

トレンド本文記事下横並【レクタングル大】

アイラップって?

アイラップ

耐熱温度は120℃、耐冷温度が−30度。

なので、レンジ調理も、冷凍保存もそのままでOK.

特に、低温調理なら、いくつかのアイラップを入れて、何品か同時に調理できます。

とても便利です。

災害時、水を節約した料理に使えるので、防災グッズとして常備しているお家も多いとか。

 

値段も手頃で、普通のビニール袋とあまり変わらないお値段です。

私は近くのホームセンターで買いましたが、近くで取り扱いがなければ、Amazonや楽天市場などでも買えます。

ぜひ、一度お試しください^^

 

 

もはや手放せないホットクック。臨時休校や春休みの留守番お昼ご飯作りに、本当に助かりました↓

2019年秋に発売された、少人数用でスペースをとらない話題のホットクック。

専用のざるを使って、下でカレー、上で蒸し物などが作れるそう。ちょっと欲しくなってしまいました!↓

 

 

トレンド本文記事下横並【レクタングル大】

スポンサーリンク

-ホットクック
-

Copyright© 気になるニュースのIDOBATA会議録 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.