身近なニュースやトレンドをいろんな角度から眺めるサイトです

気になるニュースのIDOBATA会議録

健康

花粉症の治療に「舌下免疫療法をおすすめしない理由」をお医者様に聞きました!!

投稿日:

保険が適用されて、グッと身近になった花粉症の舌下免疫療法(減感作療法)

私も、今年は治療して、つらい鼻水ともかゆい目ともおさらばだー!
と思っていたのですが、耳鼻咽喉科の先生に相談したところ、衝撃的な事実を聞いてしまいました。

「私も自分でやろうと思っていたんですが、やめたんです」
とは、先生の談。

な、なんで???
どうしてーー?!

ちょっとうろたえつつも先生に理由を伺いました。

それによると、「舌下免疫療法をおすすめしない理由」は以下のようなもの。

スポンサーリンク

トレンド本文記事下横並【レクタングル大】

旅行に行けなくなる?!

まず第一に、
「旅行に行けなくなります」
とのこと。

我が家ではネコを飼っているので、そもそも旅行には行かない(行けない)からいいのですが、それってどういうことなんでしょうか??

その理由はと言えば、
「使うお薬を冷蔵保存する必要があるんです」
ということ。

つまり、安定した低温下でないと、治療薬の品質が保てなくなるから持ち運べない、ということなんですね。

でも、旅行中ぐらい治療を休んでもいいのでは?
と思ったのですが、それがダメなんだそうです。

 

毎日投薬する必要がある

舌下免疫療法は「毎日欠かさず行うことが必要な治療法」なのだそうです。

そして、最低でも2年、長くて5年もの間、毎日投薬し続けなければなりません!
 

これは、かなり大変です!

あきっぽい&忘れっぽい私には無理かもしれない!

 

現在はスギ花粉のみ

先生曰く、
「そもそも、この治療薬はスギにしか効きません」

現在、日本で舌下免疫療法として行われているのはスギ花粉のみ!

ハウスダストやヒノキやブタクサ、イネ科植物やその他諸々のアレルギーは対象外です。

(海外では、スギ以外のアレルゲンの治療薬も開発されているので、今後、日本でも同じように広まる可能性もあります)

また、スギの舌下免疫療法を行っている間は、他のアレルギー(アトピーなども)がひどくなっても、治療薬にステロイドが使えなくなるとか。

そうなると、喘息や咳喘息で吸入ステロイドを使っている方は、舌下免疫療法そのものができないことになります。

(ちなみに、妊娠中の女性も治療はできません)

illust2149

効くかどうかはやってみないとわからない!

この治療法の最大のデメリットがこれ!

やってみないと効くかどうかがわからない!

事前に知るすべはないそうです。
 

最低2年間、730日もの間、毎日毎日治療を続けて、効果がまったく見られないこともあるのです!
(理論上では、1~2割の人に治療の効果が見られない、あるいは効果が少ないとされています)
 
 
効果が見られた人の中でも、花粉症の症状がでなくなるのは全体の1~2割

残りは、症状が改善、あるいは軽減されているという結果です。
 
 
もし、自分がその1~2割の中に入っていたら……

かなり悩ましいです^ ^;

illust1288

治療が完了しても再発することがある

運よく効果が出て、治療が終わってからも、数年経つとまた再発する場合があるそうです!

ですが、また治療を行うと症状が改善するとか。

「ちょっと安心」というべきか、「ええっ! 再発するの?」というべきか……^ ^
  
 
 
とにもかくにも、はじめの2年続けてみて効果が上がるかどうか

そこが運命の分かれ目ですね!

 

まとめ

思っていたよりもいろいろと大変だった舌下免疫療法。

耳鼻咽喉科の先生が「おすすめしません」と言われる理由がよ~くわかりました。
 
 
治療費用は一ヶ月に1,000円程度とすごく魅力的。
ですが、毎日続ける必要があるとあって、根気のない私としてはちょっとためらってしまいます^ ^;

先生曰く、
「花粉症の対策は、花粉を(体に)入れない、(家の中に)持ち込まないのが一番」

ごもっともです。

ちなみに、舌下免疫療法は花粉のない時期に治療をはじめる必要があります。
つまり、花粉が飛び始めてしまったらもう遅いのだとか。

今年はどのみち時期を外してしまったので、当面は先生のおすすめの
「アレルギー反応が出たら、抗ヒスタミン薬や点鼻ステロイド薬で症状を改善」
しつつ、あらためて、治療をスタートするかどうかをじっくり考えたいと思います!

トレンド本文記事下横並【レクタングル大】

トレンド本文記事下横並【レクタングル大】

おすすめの記事・スポンサーリンク



-健康

Copyright© 気になるニュースのIDOBATA会議録 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.