身近なニュースやトレンドをいろんな角度から眺めるサイトです

気になるニュースのIDOBATA会議録

健康

そのひどい咳は風邪じゃない?! 咳喘息とマイコプラズマ感染症について

投稿日:2014年4月14日 更新日:

a0002_007510
先日、風邪を引いた時のこと。他の症状はよくなったのに、咳だけがいつまでもしつこく続きました。

しばらく様子を見ていたのですが、全然治らないので10日目にあきらめて病院へ行きました。

耳鼻咽喉科→呼吸器科と回され、出た結論は「咳喘息だろう」とのこと。

咳喘息とは?

咳喘息とは、要するに「アレルギー症状」のようなものだそうです。

主に風邪などが原因で、上気道(気管支など)に炎症が起きる
   ↓
炎症が起きた箇所に刺激を受けると咳が出る

というのがそのメカニズムです。

マイコプラズマによる感染もよく咳が出ることで知られていますが、咳喘息とマイコプラズマ感染との違いは、咳の回数と持続時間、頻度です。

咳喘息とマイコプラズマ感染の違い

コンコン→コンコンと咳をして、やむまでにそれほど時間がかからない(数分程度)なのが、咳喘息。
温度や湿度が変わった時、夜間や寝る前などに出やすいのも特徴だそうです。

それに対して、マイコプラズマ感染症は、コンコンコンコンコン→コンコンコンコンコン→……と乾いた咳がひっきりなしに出るとのこと。
咳喘息とは異なり、昼夜関係なく咳が出るのが特徴です。
(書いているだけで相当苦しそうな感じです)

ちなみに、マイコプラズマによる感染は「肺炎マイコプラズマ」という微生物によって引き起こされます。

5歳になるまでに誰もが一度はかかると言われているぐらいポピュラーな病気ですが、子供に比べて大人は重症化しやすく、ひどくなると重い肺炎にまで進んでしまう場合があるので注意が必要です。

咳喘息もマイコプラズマ肺炎も、こじらせるとやっかいです。

あまりにもひどい咳が続くようなら、「風邪だろう」と高をくくらずに一度病院で診てもらってくださいね。

トレンド本文記事下横並【レクタングル大】

おすすめの記事・スポンサーリンク



-健康
-,

Copyright© 気になるニュースのIDOBATA会議録 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.