身近なニュースやトレンドをいろんな角度から眺めるサイトです

気になるニュースのIDOBATA会議録

子育て

子供の偏食を治そうとして私がやった6つのこと!(後編)

投稿日:2015年5月14日 更新日:

ひどい偏食だった4歳の息子。

今では、肉や魚も食べられるようになりました!

そうなるまでに、私が何をしたのか。
逆に、何をやめたのか。

そのポイントや、保育士の先生に教えてもらったこと
などをご紹介します。

前編はこちら

【4】食育をしてみる

義母が家庭菜園をやっていて、そこで息子と一緒にプチトマトの収穫を手伝っていた時のこと。

「ちょっと食べてみる?」
と、何気なく言ってみたら、あっさり口に入れました!

一口噛んですぐに吐き出しましたが、自分から食べたことにびっくりしました。

どうも、義母の
「これは○○ちゃんのために植えたんだよ」
という一言が効いたようです。

それからしばらくはトマトから遠ざかっていましたが、ある日気がつくと普通に食べられるようになっていました。

大好きな人が自分のために育ててくれたもの
や、
自分で育てたもの
自分で収穫したもの

は、どの子供でも、食べる意欲が増すようです。

  • 子供と一緒に食べられそうなものを育ててみる
  • 収穫体験をする

などはおすすめの方法です。

sozai_19281

テレビの戦隊ものに興味が出てくる年齢なら、
栄養素をヒーローに例えるのも効果があります。

例えば、

  • 野菜は緑レンジャー
  • 肉・魚は赤レンジャー
  • 炭水化物は黄レンジャー

といった具合です。

パンやご飯しか食べない息子に、
「黄レンジャーばっかり強くなっても、悪者は倒せないんだよ~」
と言うと、食べ物の栄養素に興味がわくようで、
「これは何レンジャー?」
と自分から聞いてきたりもしました。

(女の子なら、プリキュアなどに例えてみるといいかも)

スポンサーリンク

トレンド本文記事下横並【レクタングル大】

  

【5】親がおいしそうに食べる

「お母さん・お父さんが女優と俳優になったつもりで」
と、よく保育士さんに言われたものです。

子供は親がおいしそうに食べているのを見ると、その食材に対する警戒感が薄れるとのこと。
つまりは、食べようという気が起こりやすくなるんだとか。

実際、うちの息子もこれで、自分から
「食べる」
と言うことが増えました。

(先日は、夫婦二人で分けようと思っていた、なけなしの豚の角煮を「やったー!」と主人が食べようとした途端、「食べる」とパクリ。

結果的に、半分近く食べられました。
嬉しいような、悲しいような……)

とにもかくにも、親が少しオーバーなぐらいに、おいしく食べるというのもおすすめです。

【6】あきらめない! でもあきらめる!

非常に矛盾していますが、これは、子供の偏食に悩んでいる親御さんとぜひ共有したいことです。

私が子供の偏食で悩んでいる時に、一時預かりのベテラン保育士さんが
「無理に食べさせようとしなくてもいいんです。
食べるのは子供自身ですから」
と言いました。

「食べる時が来たら、食べるようになります。
それまでは、待っていてあげてください」

そう聞いて、気持ちがすーっと楽になったのを覚えています。

それまでは、
食べさせよう=結果を出そう
としていたから、つらかったのです。

「やることだけやったら、それでいいんだ」
「それ以上のことに、私は責任を持たなくてもいいんだ」
と思ったら、肩の力が抜けました。

やったことへの対価を求めなくなったことで、結果的に、楽しく食事と向き合えるようになったのです。

おそらく、偏食というキーワードで探して、ここに来られた方は、
「何とかして子供の偏食をなおしたい」
「このままでは子供の成長に影響があるかも」

と真剣に心配されている方がほとんどでしょう。

いろいろと悩むことも多いと思います。

私もそうでした。

でも、上に書いたようなことをやってきて、今思うのは、
「子供に無理に食べさせることはできない」
ということと、
「あれだけ好き嫌いをしていても、すくすく育つもんだな~」
ということ。

「何としてでも食べさせようとする」のはあきらめる。
でも、「食べるためのサポート」はあきらめない。

気楽に。気長に。

そんな感じで、子供と一緒に進んでいってみてはいかがでしょうか。

トレンド本文記事下横並【レクタングル大】

おすすめの記事・スポンサーリンク



-子育て

Copyright© 気になるニュースのIDOBATA会議録 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.