身近なニュースやトレンドをいろんな角度から眺めるサイトです

気になるニュースのIDOBATA会議録

イベント 出産祝い 子育て

「もらって本当に嬉しかった出産祝いって何?」を周りのお母さんに聞いてみました!

投稿日:2014年4月29日 更新日:

���������

出産祝い1

 

「出産祝いに何を贈ったらいいの?」

心から喜んでもらいたいからこそ、出産祝いのプレゼントをどうすればいいかはすごく迷いますよね。

そこで、私も含めて周りのママさんに、「子供が生まれた時にもらって本当に嬉しかったもの」についてリサーチしてみました!

1位 お金

せちがらいかもしれませんが、やっぱり1位はコレ!

・子供に必要なものを自分で好きに選んで買えるのが嬉しい
・ブランドの子供服をお祝いにもらったのに、季節が合わなくて結局着せられず、とても残念だった。お金だとその時々に必要なものを買えるのがありがたい
・物でもらうと、内祝いを贈る時の値段調べが大変。産後で疲れている時なので、手間がかからない方がいい

などの意見が。

ただ、ネックとしては、贈る方が金額について悩むことでしょうか。

地域によって相場はいろいろありますが、私の周囲では、

 職場の同僚……3,000円
友人……3,000円~5,000円
親戚……1万円~3万円

が平均的な出産祝いの金額でした。

また、内祝いに関しても、するところしないところと、地域によってさまざまですが、リサーチしたところによると「半返し」、つまり「いただいた金額のおよそ半分の金額の物をお返しする」というケースが多かったです。

気のおけない間柄では、「お返しは一切いらないから」と念押しして出産祝い金をいただいたりもします。

これは、産後ろくに眠れず、バタバタしているお母さんにとっては、本当にありがたいのです!

(ただ、地域によっては「内祝いなし」が失礼にあたる場合もありますので、一度ご自分やご主人のお母さまに確認してみることをおすすめします)

2位 本人がリクエストしたもの

自分で欲しいものをリストアップして、その中から贈ってもらう、という形式。
あちらから「何が欲しい?」と聞かれたときにリストを渡すことが多いです。

これなら自分が本当に欲しいものを贈ってもらえますし、相手も自分の予算にあったものを選ぶことができます。

ただし、注意点としては「値の張らないものも入れて価格帯を広げておくこと」。
また、欲しいからといって「あまりにも高額なものを入れる」のは×。今後のお付き合いに響いてきますよ。

3位 子供服

子供服を贈る注意点としては、

サイズは70cm以上を

出産祝い2

 

新生児(50~60サイズ)のうちはほとんどお出かけをしませんし、最初の肌着についても出産した側で用意をすることがほとんどです。

それに、50~60サイズはあっという間にサイズアウトしてしまうので、子供服を出産祝いで贈るなら、70cm以上がいいでしょう

 

個人的には、70cmも半年弱で着られなくなるので、80cm以上の半袖Tシャツなどが嬉しかった記憶があります。

一番嬉しかったのは、親戚が70・80・90とサイズを変えてロンパースからTシャツまで贈ってくれたこと。

 

子供が大きくなるたびに、しみじみ「ありがたいなあ」と思いました。

もし予算が許すなら、2サイズ以上をセットにして贈るのがおすすめです。

月齢と季節が合うかを確認する

他のお母さんの話でも、「季節が合わなくて、せっかくもらった子供服に一度も袖を通せなかった」というのをよく聞きます。

これでは、贈った方も贈られた方も切ないですよね。

買おうと思っているサイズが、その月齢になった時のシーズンと合うかどうかはきちんと確認しておきましょう。

ブランド品を贈る時は気をつける

自分のリクエストなら別ですが、あまりにも高い物をもらうと困惑することもあります。

これは、前述の「半返し」とも重なる話です。
現金でもらえば半分返すだけですみますが、物でもらった場合はそうもいきません。

高額なブランド品などは、相手の負担にならないかも考えてプレゼントしましょう。

4位 おもちゃ

新生児が握って遊ぶようなおもちゃや、音が出るメリーなどが喜ばれます。

ただし、布でできたおもちゃやぬいぐるみなどは、アレルギーの原因になるとして好まないお母さんも多くなりました。贈る際は、事前にリサーチする方が無難です。

5位 絵本

出産祝い3

 

ちょっとした贈り物として喜ばれます。

特に、小さい頃お母さんに聞かせてもらったような物語(例えば「ぐりとぐら」とか「くまの子ウーフ」)はおすすめ。
オーソドックスな「おむすびころりん」や「おおきなかぶ」などの昔話もいいですね。

最近は、小さな子供でも興味をひかれる仕掛け絵本がたくさん出ています。

贈る方も絵本を探して童心に返るのが楽しいのだとか。

その他

ファーストシューズ、子供の写真を入れる額(1ヶ月ずつ1年分の写真が入るようになっているものなど)、帽子、オムツ(使っているメーカーを確認した方がいいです。ただ、もらって嬉しい人と嬉しくない人とに意見が分かれました)などがありました。

個人的には「お金がすごくありがたかった!」のに一票!

(もし、お金だけを贈るのは気がひけるという方は、「お金+何かちょっとしたもの」をプレゼントするのはどうでしょうか?)

この記事がみなさまの出産祝い・プレゼント選びにお役に立てば幸いです^ ^

トレンド本文記事下横並【レクタングル大】

トレンド本文記事下横並【レクタングル大】

おすすめの記事・スポンサーリンク



-イベント, 出産祝い, 子育て
-, ,

Copyright© 気になるニュースのIDOBATA会議録 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.